口腔外科

駐車場5台分・スロープ完備 アクセス お問い合わせ
口腔外科
  1. TOPページ
  2. 口腔外科

歯科治療の多くは、虫歯や歯周病を対象としておりますが、特に口やに関する外科的な処置を担当する専門的な診療科目が「口腔外科」です。親知らずを抜くとき、口の中のできもの、顎(あご)の関節が痛いとき、歯が折れたり抜けたりした場合、強く打ったりした場合、口の中を怪我、…などが対象となります。

親知らずの抜歯

傾いた歯

困難な親知らずの抜歯も傷口を最小限にとどめ、なるべく短い時間で行ないます。親知らずが横向きに生えたり、又は手前の歯を押すような形で生えていると、その歯との間に知らないうちに食物が入りこみ、それが酸化することによって手前の歯の虫歯の原因にもなります。

また親知らずが横向きに生えている場合、手前の歯を押すことによって前歯部にその力が集中し、歯並びを悪くしたり、咬み合わせ不良の原因ともなります。歯列が乱れている場合には早急に親知らずを抜く必要があります。

歯が折れた、抜けた、強く打った等の外傷

牛乳

事故などで歯を強く打って歯が抜けた場合を「脱臼」といいます。

歯が脱臼した時の応急処置として、抜けた歯を助ける最もよい方法は歯を自分でまずもとの位置に戻してみることです。地面に落ちた歯は水道水で洗ってから戻します(水道水で洗うのは30秒以内くらいで。それ以上水道水にさらすと歯根膜が死んでしまいます)。

もし抜けた歯を戻せない場合は、口の中に入れて保存をするか、すぐに牛乳が手に入るなら、牛乳の中に保存し、できるだけ早く歯医者さんに行きましょう。ここで大切なポイントは、抜けた歯が助かるかどうかは、この抜けた歯についている歯根膜が生きているかどうか、にかかっているということ。歯根膜を長く生かしておくためには、抜けた歯を口の中に入れておくか、牛乳の中に漬けておくのが最良です。こうすることによって歯根膜を数時間生かしておくことが可能です。

顎関節症

顎関節症

あなたは 食事中やあくびをした時など 顎(あご)に異音や痛みを覚えたことありませんか…?
顎関節症には3つの特徴的な症状があります。

さらに詳しく ⇒顎関節症について

その他、口腔外科の適応範囲

口腔外科は何をするところ?と思われるかたも少なくありません。親知らずの抜歯や事故などで歯が折れた・抜けた等の症状以外に下記のような内容も、口腔外科の範囲で受け付けております。お気軽にご相談ください。

このように、非常に多くの症状や病気が対象になります。
難症例の場合は、大学病院や地域連携病院と提携して治療に当たります。

JR高崎線 神保原駅徒歩7分
〒369-0306 埼玉県児玉郡上里町七本木955-9

0495-33-0141

お問い合わせ

私たちスタッフは一人一人の患者様にしっかりと治療説明をする時間をとても大切にしています。ですから基本的に完全予約制とさせて頂いています。
ですが、その日のうちに痛みを取り除く、もしくは軽減する事も歯科医療のあるべき大切な姿と考えていますので、急患様も随時受付しております。お気軽にご相談下さい。

診療時間表

平日:9:30~12:30 / 14:00~18:30
土曜:9:30~12:30 / 13:30~18:00
休診日:日曜・祝日・木曜

治療メニュー

ドクター紹介
治療の流れ
アクセス
地図
〒369-0306
埼玉県児玉郡上里町七本木955-9
TEL:0495-33-0141

上里インプラントセンター
インプラント治療
歯周病
予防歯科
小児歯科
審美歯科
訪問歯科
顎関節症
スポーツ・マウスガード
クレジットカード
問診票ダウンロード

歯科衛生士
歯科医師 求人

バーコードで
携帯サイトを表示できます

スプラインインプラント

ページの先頭へ

上里歯科医院